開発・製造レポート

溶剤蒸気発生装置

お客様からの要望
実は20年以上前の設備が老朽化のため、
新規更新をしたいのですが当時のメーカーが不明のため困っています。
既存の装置を今の技術に置き換えて製作する事は可能ですか?

弊社からのご提案
お問い合わせありがとうございます。
それは大変お困りですね。 既存品がどのような動きで、どのような規格・仕様なのかをお調べして、新規製作をさせて頂きます。 その他ご希望がございましたら、仕様に盛り込みます。

仕様
外観寸法:W1800xD700xH1600 SUS製
槽内寸法:W1380xD390xH750  塩ビ製
冷却方式:空冷式チラー AC200V 10A
加熱方式:シースヒーターAC100V 1200W
※別途工場エアーと排気設備が必要です。

本試験機は溶剤を蒸発させワークに付着させます。試験データを取り出す前工程の重要な装置となります。 今回はお客様のご要望で20年以上前の装置を基に新たに製作しました。 仕様書もなく、現在の試験内容と試験規格のみをお伺いし、そこからの製作となりました。 水槽の水を温め、その温水でフラスコに入っている有機溶剤を蒸発させます。 その後有機溶剤をワークに付着させ試験データ取りの前準備をするとてもシンプルな仕様です。 既存品もそうでしたが20年以上前の試験機の多くはアナログ式で手法も必要で複雑です。 アナログでしか対応できないところはアナログ式を採用し、その他はタッチパネルなどを用い操作性の向上や試験機のダウンサイズ、サンプルの装着方法やメンテナンスの容易さを向上しました。 20年以上前の技術と現代の技術が融合した装置となりました。

ご質問・ご相談
各種お問い合わせ

059-334-7771

営業受付時間
9:00 〜 17:00(平日のみ)